作業員

コスパの良い防音工事をチェック|防音は周辺環境への配慮

部屋の雰囲気を変える

ふすま

ふすまの張り替えを行うと部屋の雰囲気を大きく変えることができます。近頃は自分でふすまの張り替えができるふすま紙も販売されていますが、ふすまの種類によっては後で大きな問題が生じてしまう可能性があります。心配な場合には業者に依頼してしまいましょう。

Read More..

室内工事における断熱改修

断熱

鉄筋コンクリート造では、室内工事における断熱改修は比較的簡単ですが、木造住宅では採用する断熱材や工法をよく吟味選択してください。できるだけ隙間を無くし暖かい住宅に改修するならば、室内の外壁を全て露出させるので床と天井にも影響してきます。工期・工事費・工事中の居住について、よく打合せを行いましょう。

Read More..

防音は周辺環境への配慮

部屋

防音の必要性

昨今では音に対する環境が非常に厳しいものになりつつあります。航空基地などの極端な騒音でなくとも自治体のスピーカー放送や学校のチャイム、はては除夜の鐘に対してまでクレームがでるほどです。このような極端な事例でなくとも、マンションなどの集合住宅では階下の住人に対する子どもやペットの足音、隣室の住人に対するテレビやステレオの音量などには十分注意する必要があるといえます。賃貸住宅ではあまり大きな防音工事を施すことはできませんが、それでも遮音カーテンや、防音マットなどは最低でも用意しておきたいところです。一軒家や分譲マンションであるなら、より大掛かりな防音工事をすることにより効果的な対策を講じることが可能になります。

自宅に合った施工方法

もっともコストパフォーマンスの高い防音工事の一つに二重サッシがあります。これは使用している窓の内側にもう一つ窓を取り付けるもので音楽スタジオなどでも採用されており、非常に高い防音効果が見込めます。窓から漏れる音に関しては、二重サッシでほぼ解消することが可能です。床下対策としては防振ゴム重量床が効果的です。費用はかかりますが階下への振動や衝撃音を大幅に軽減することが可能になります。壁などを伝って隣室へ伝わる音に対しては壁材を防音下地材に交換したり、内側に遮音シートを挟み込むことである程度軽減することが可能になります。また、ピアノなどボリュームをコントロールしづらい楽器を使用する際には部屋全体に防音工事を施す大掛かりなものもあるのです。

IHを導入する時には

作業者

大阪ではガスコンロをIHに変えたいと考えている人もいるでしょう。電気の供給方式や必要なアンペア数に上げることが出来ればIHは導入可能です。自分で機器を購入して電気工事だけを業者に頼めば安く上がるのでお勧めです。

Read More..