IHを導入する時には|コスパの良い防音工事をチェック|防音は周辺環境への配慮
作業者

コスパの良い防音工事をチェック|防音は周辺環境への配慮

IHを導入する時には

作業者

配線やコンセントの工事

オール電化とはよく聞きますがキッチンのガスコンロだけでもIHクッキングヒーターに変えたいというご家族もいるのではないでしょうか。IHはパワーも強いですし、天板が平らですからスペースにも余裕が出来ます。IHを導入する時には普通のコンセントが使えないので電気工事が必要になります。電力会社で機器の購入から取付けまで全てを依頼することも出来ますが、自分で機器を購入して配線だけ電気工事会社に頼んだ方が安いので検討が必要です。大阪には電気工事会社が沢山ありますから、近所の電気屋さんに頼むのもネットで調べて探すのも良いでしょう。IHを導入するには電気のアンペア数や電力供給の方式などが合わないと出来ませんから大阪の電力会社に見て貰う必要があります。

賃貸でも可能な場合も

アンペア数や供給方式でIHが使用可能だということが分かったら大阪の電気工事会社に依頼します。配線工事が終わってコンセントが付けば利用可能です。IHを使いたいけれど賃貸住宅だから無理だと諦めている人もいるかもしれませんが、持ち家や持ちマンションではない賃貸でも所有者から許可を得れば可能な場合もあります。不動産会社を通して所有者に聞くのが良いでしょう。もし使ってよいという事ならまずは大阪の電力会社に問い合わせて、導入可能なら電気工事を依頼して下さい。IHを導入すると契約アンペア数が高くなることが多いですから、IH機器の購入費用や普段の電気代などから計算して節約できるかどうか調べておくのがお勧めです。